山下智久情報

「THE HEAD」製作総指揮ラン・テレム氏、番組制作を語る

THEHEADラン・テレム氏番組制作を語るトップ

こんにちは、あたごです!今回はバラエティ誌のMipcom直前、ラン・テレムさんへのインタビュー後編です。

ラン・テレムさんは山下智久さん出演の海外ドラマ「THE HEAD」の製作総指揮を担当された方です。

「THE HEAD」は毎年10月にカンヌで行われる国際映像見本市Mipcomに出展しています。

今回のインタビューはMipcom直前?に行われたものです。

オカメちゃん
オカメちゃん
つづき、つづきぃ

スポンサーリンク

「THE HEAD」はスペイン生まれ?

 

「『THE HEAD』はカタロニア出身の脚本家とスペイン人の監督、スペイン人のキャラクターを出演させている。

ラン・テレム氏は「この海外進出はMediapro Studioにとって「大きな一歩」となっています。

イスラエルを離れてスペインに来た理由の一つはこのようなスケールの作品を手掛けたかったから。」と語った。

おもちくん
おもちくん
僕も大きな仕事したい!

〜THE HEAD は2020年春 huluで配信予定です〜

スポンサーリンク

番組作りは世界的なスケールへ

スポンサーリンク

 

さらに何人かのテレビ関係の幹部はこの穏やかなラン・テレム氏のように、手作りのストーリー、昔ながらの手法、新しい考え方やパワーを理解している。

ベルリン国際映画祭ではラン・テレム氏は別のMediapro Studioの作品「The Paradaise」についてプレゼンテーションを行った。

これはフィンランドの制作会社YLEとスペインのコスタ・デル・ソルで撮影したもの。

「これはとっても魅力的な国際的なストーリーで、今や世界はその土地で生まれていない人によって作らているということです。」

オカメちゃん
オカメちゃん
総力戦!って感じ

リアリティ番組にも取り組む

 

ラン・テレム氏はベルリンでは「The Paradaise」について語った。

「The Paradaise」は引退前のフィンランド人の女性警官が謎解きを行っていく。

ラン・テレム氏は主に脚本を担当しているが「El Discípulo del Chef」などでもわかるようにフィクションにも情熱を傾けている。

おもちくん
おもちくん
えっとこれはどんな番組?

「El Discípulo del Chef」とは

スポンサーリンク

 

今年度は10月7日にターナー・ラテンアメリカとの共作で「El Discípulo del Chef」の初回がチリビジョンで放映され、25歳〜64歳の年齢層から第一位とされた。

「控えめに言うようにしていますが、私たちは何かリアリティ番組の新しい段階を発見したと考えています。」

「2001年にアメリカンアイドルというリアリティタレントドラマをアメリカンアイドルというオーディション番組を見ることで教えてもらった。

例えば審査員のサイモン・コーウェルを知り、彼を権威としてみる人も出てきた。でもここから十数年何も変わっていない。

オカメちゃん
オカメちゃん
フィクションとノンフィクションの間で・・・

この「El Discípulo del Chef」ではシェフは審査員、権威者というだけではなく自ら競い合っている。

調理をし、他のシェフからそのスキルや料理の審査を受ける。

ラン・テレム氏はこう続ける「ほとんどのタレント番組では出場者が気を失い救急車を呼ぶといったシーンがある」

「El Discípulo del Chef」でもそういったシーンはあるが、この番組では出場者が気を失うのではなく、シェフがそうなってしまう。」

おもちくん
おもちくん
料理の鉄人みたいな感じなのかなぁ。

まとめ

 

今回の記事はこちらの記事の抄訳となります。

オカメちゃん
オカメちゃん
THE HEAD、怖、面白そう
おもちくん
おもちくん
オカメちゃん、怖いの苦手だったようなぁ。

直訳ではないのでニュアンスが若干違うのものあるかもしれません・・・

インタビュー前半はこちらです!

Varietyラン・テレムMipcom直前インタビュートップ
Variety誌、Mipcom直前インタビューこんにちは、あたごです!今回はエンターテインメントビジネス誌のVarietyがMipcom直前、ラン・テレム氏のインタビューを行っていま...

スポンサーリンク