家電

SONYのブルートゥース対応ヘッドホンWI-C600の特徴は?

ソニーイヤホンWI-C600N

こんにちは、あたごです!今回はSONYのブルートゥース対応ヘッドホンWI-C600の特徴を調査します!

実際に購入してもレビューです。ノイズキャンセリングの効果は?

スポンサーリンク

ブルートゥース対応ソニーWI-C600

 

ソニーのWI-C600はブルートゥース対応のワイヤレスヘッドホンです。

ソニーイヤホンWI-C600N

特徴を上げてみると

WI-C600のここが特徴

1.ノイズキャンセリング機能で音に没頭できる

2.シリコンボディで装着感が心地よい

3.ノイズキャンセリングONでも最大6.5時間使える

となります。ま、値段はもちろん気になりますよね。

気になる値段は

 

価格はソニーストアで17,800円ですが、家電量販店ではポイントがついたり、さらに値引きもあるところもあります。

で、もちろん楽天やアマゾンなどネット通販ではかなりお得な価格で販売されてると思います。

 

 

ノイズキャンセリングで音に没頭できる

スポンサーリンク

 

WI-C600はデジタル式のノイズキャンセリング機能をもっています。

ノイズキャンセリングはまわりの音(音波)に対して逆の音波を当てるという仕組みで音を消します。

ノイズキャンセリングの仕組み

WI-C600Nはこのノイズキャンセリングに加えてカナル型と言われる耳にすっぽりはいってさらに周囲のノイズを少なくする方式です。

ノイズキャンセリング

さらに耳にぴったりフィットするカナル型のイヤホンがノイズキャンセリングの効果を高めてくれます。

 

耳にフィットして使い勝手もいい

 

カナル型のイヤホン部分は耳にフィットする構造ですが、マグネットがついています。

これで使わないときもケーブルが絡まることなく簡単にまとめておけて便利です。

カナル型イヤホン

シリコンボディで装着感が心地良い

 

WI-C600Nは本体部分がシリコンで覆われていて首にあたっても冷たさが少なくなるように工夫されています。

シリコンボディ

また首掛け部分は柔らかく柔軟に作られているので装着感も心地良いです。

柔らかい本体

この首掛けネック部分に重量が集中しているので耳に負担がかかりにくく長時間使っても快適になるようで来てるんですね。

Googleアシスタント、Amazonアレクサ対応で電話もできる

 

ソニーWI-C600NはGoogleアシスタントとAmazonアレクサに対応しています。

音楽を聴くときの操作、ニュースの確認、スケジュールの管理や調べものなどを音声で操作することができます。

もちろんWI-C600Nを使って電話に出ることもできますよ。

6.5時間の長時間バッテリー

スポンサーリンク

 

WI-C600Nはノイズキャンセリング使用時で6.5時間使用可能な長時間バッテリーを持っています。

バッテリーなどの重量部分はネック部分にあるので使用感をできるだけ損なわないような作りになっています。

WI-C600N本体

ノイズキャンセリングの効果は?

 

WI-C600Nの大きな特徴の一つであるノイズキャンセリングですが、カナル型で耳によくフィットすることもありよく効いていると思います。

ただ耳全体を覆うBoseのQuietComfortなどに比べると効果はやはり薄いです。

スポンサーリンク

Bose QuietComfort35

電車の中など周りの音がうるさい中だとついつい音を大きくして聞いてしまいますが、WI-C600Nであれば比較的小さな音でもいい音が聞けます。

まったくの無音というわけには行きませんがまわりのノイズを低減してより良い条件で音楽を聞かせてくれる効果が実感できました。

まとめ

 

今回はSonyのブルートゥース対応ノイズキャンセリングイヤホン WI-C600Nについて調べてみました。

調べたというか子どもが買ったからレビューさせてもらったんですけどね。

やっぱり新しいイヤホンはいいですね。僕個人としては使い勝手、音、すべての面で満足できる性能でした。

なんか自分でも欲しくなる方な・・・今度は自分用の購入考えます。笑

スポンサーリンク