家電

iMac27インチメモリ増設の方法

iMacメモリトップ

こんにちは、あたごです!今回はメインのマシンとして使っているiMac 27インチのメモリを増設について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

自分でメモリが増設できるiMac 27インチ

 

こちらが今使っているiMac 27インチ(2017)です。標準では4GB+4GBで8GBのメモリになっています。

普通に使ってる分には何も問題ないのですがたくさんアプリケーションを立ち上げたり動画の編集をやるとやっぱりちょっと重たく感じることもあります。

iMac27インチ

そこで一番簡単にできるカスタマイズということでメモリの増設を行ってみようということになりました。

iMacは現在21.5インチモデルと27インチモデルがあるのですが、21.5インチは2015年以降のモデルでは自分でメモリ増設ができないようになっています。

iMacに使えるメモリ

スポンサーリンク

 

iMacに挿せるメモリはSO-DIMMというタイプのものでノートパソコン用のサイズの小さなものになります。

 

 

iMacはデュアルチャネルに対応していて同じ要領のメモリを2枚刺しにすることによってデータ処理の高速化が期待できます。

もともとのスロットには4GBが2枚刺さっていますが、今回は4GBを2枚追加して4GBx4で16GBととして使ってみたいと思います。

メモリの増設は本体裏から

 

iMacのメモリ増設は本体裏側から行います。僕は電源を落としてすべてのケーブルを抜いてから行いました。

iMac本体裏

本体は十分に冷やしましょう。使用していたiMacの内部は高音になっています。電源を落としてから15分程度待ってから作業をするようにしましょう。

メモリ増設口の開け方

スポンサーリンク

 

メモリの増設口は電源ケーブルを接続するところの上のボタンを押し込むことによって開きます。

画像の赤枠内ですね。

電源上のボタン

メモリ挿入口が開きました。標準では1番と3番スロットにそれぞれ4GBのメモリが刺さっています。

メモリ挿入口

メモリ挿入口の蓋の裏にはメモリスロットの開き方、メモリの差し込み方の説明の図が載っています。

メモリ挿入口の蓋

図の説明の通りに操作してメモリスロットを開けたところです。これで増設のメモリをさせる状態になりました。

メモリスロットオープン

メモリの挿入

 

メモリは2番と4番スロットに差し込みます。差し込みの方向は写真の通りなんですが、金色の端子部分の切れ込みの方向を間違えないように差し込みます。

メモリ挿入

・メモリを持つときは金色の端子部分を触らないようにしましょう。手の脂などがついて接触不良を起こす可能性もあります。

・静電気を逃すために作業前には壁を触るなどして身体の静電気を除去しておきましょう。

メモリを差し込んだらレバーを倒して蓋をすれば終了です。

メモリ挿入後

起動、メモリ確認

 

作業が終わったら起動してメモリが増設されているか確認しましょう。

〜 メモリ増設後の初回起動は時間がかかります 〜

メモリ増設語の最初の起動にはかなり時間がかかります。これはメモリのチェックを行っているかららしいのですが、うんともすんとも言わない感じなのでびっくりせずにしばらく待ちましょう。

 

起動後、めでたくメモリが増設されていました。

メモリ確認

メモリ増設の効果

 

これはかなりありますね。8GBと16GBでは断然違います。複数アプリの起動時にももたつきが格段に減りました。

8GBでも十分サクサク動くなというのが印象だったんですが、16GBになって別物って思えるくらい良くなりました。

まとめ

 

今回はiMac 27インチのメモリ増設を行ってみました。増設はほんとに簡単でネットで買えばメモリも安いので一番お手頃なチューンナップとしておすすめですね。

メモリ増設後の最初の起動はかなり時間がかかりますのでそこだけ注意ですね。

それでは今回はこのへんで、メモリの増設まだの方はぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク