家電

BOSEウェアラブルネックスピーカーレビュー、ヲタ活、英語にも

BoseSoundwear正面

こんにちは、あたごです!今回はBOSEのウェアラブルネックスピーカーを購入、試してみましたので使い方などレビューしてみますね。

スポンサーリンク

誰にもじゃまされずに大きな音で楽しみたい

 

夜、部屋でDVDを見ていたら違う部屋にいる子供から音が聞こえるよとLINEでメッセージが・・・。

iMacでフレンズ見てたんですが、そんなに大きな音ではなかったんです。夜だとやっぱり響くんですね。

iMacフレンズ

ヘッドホンも持ってはいるのですが、長時間になると圧迫感があるし、周りの音が聞こえなくなるのもいやだなと。

いい音で聞けて周りに迷惑がかからないなにかいいものないかなって思って話題になってたウェアラブルネックスピーカーを思い出して試してみたくなりました。

BOSE SoundWear Companion Speaker とは

スポンサーリンク

 

ウェアラブルネックスピーカーとはその名の通り首に掛けて使うスピーカーです。こんな感じの曲線を描いた形です。

BoseSoundwear正面

使うときはこんな感じで首にかけて使います。耳元でスピーカーの音が聞こえる感じなので音はダイレクトに聞こえて周りの音も聞こえます。

BoseSoundwear横から見たところ

 

 

Bose ウェアラブルネックスピーカーの使い方

 

使い方はとても簡単です。まずは本体横の電源ボタンを押して電源をオンにします。電源が入ったらBluetoothボタンを「別のデバイスの接続準備が完了しました」と聞こえるまで長押します。

PC(Mac)側の設定

 

ここではMacOSに繋いでみます。SoundWearスピーカー本体のBluetooth接続準備ができたらMacOSで「設定」→「Bluetooth」を起動します。

Bluetooth機器設定1

Bose SoundWearが見えたら「接続」をクリックして接続完了です。

Bluetooth機器接続2

iPhone側の設定

 

Bose SoundWear Companion Speakerは同時に2台のデバイスを接続できます。ということで、ここではiPhoneを繋いでみます。

電源をオンにして本体横のBluetoothボタンを長押し、「別のデバイスの接続準備が完了しました」となったらiPhoneの設定に移ります。

iOSの「設定」→「Bluetooth」をタップします。

iPhoneBluetooth設定1

Bose SoundWearが見えたらタップ。

iPhoneBluetooth設定2

これで接続完了です。

iPhoneBluetooth設定3

Bose ウェアラブルネックスピーカー操作方法

スポンサーリンク

 

操作は本体横のボタンで行います。首にかけた時の右側にボタンに音量アップボタン、マルチファンクションボタン、音量ダウンボタンが3つ並んいます。

音量アップボタン

 

押すと音量が上がります。通話中に音量アップと音量ダウンボタンを同時に押すと通話のミュート・ミュート解除ができます。

音量ダウンボタン

 

押すと音量が上がります。通話中に音量アップと音量ダウンボタンを同時に押すと通話のミュート・ミュート解除ができます。

マルチファンクションボタン

 

音楽再生

 

・1回押すと再生・一時停止

・2回続けて押すと次のトラック

・3回続けて押すとトラック戻る

・続けて2回押しの2回目長押しで早送り

・続けて3回押しの3回目長押しで早戻し

通話

 

・一回押しで着信応答・終話

・ボタン長押しで着新拒否

・通話中の一回押しで通話中の受話、現在の通話を保留

・通話中に1秒長押しで着信拒否

・2つの通話状態で2回押しで通話切り替え

・2つの通話状態中に1秒長押しでグループ通話

・長押しでSiriなどの音声操作起動

Boseウェアラブルネックスピーカーの充電方法

 

充電は電源ボタン側のファスナーを開いてマイクロUSBのケーブルで行います。充電時間は最大3時間で12時間利用可能です。

Boseウェアラブルネックスピーカー充電

ちなみに充電中は利用できませんが、15分の充電で2時間利用可能なのでこまめに充電するれば問題なさそうですね。

バッテリー残量の確認は本体左横の電源ボタンを長押しすると残量のアナウンスが流れて同時にバッテリーランプ(5つ)が点灯します。

BoseSoundWear電源

バッテリーランプは1つで0−20%、2つ20−40%、3つ40−60%、4つ60−80%、5つが80−100%を表しています。

Bose SoundWear Companion Speaker使用感は?

 

BoseのSoundWearは重さ260gで手で持つとちょっと重いかなって感じだったんですが、つけてみると首にフィットする感じ(曲げて調整も可)でほとんど重さを感じません。

首につけてることを忘れてスマホやMacから音がなったら耳元でなるのでちょっとびっくりって感じです。

BoseSoundwear横から見たところ

長時間はめててもヘッドホンのように耳に圧迫感があるわけでもないし、音楽をずっと聞いてても周りの音も聞こえるのでストレスがないのがいいですね。

Bose SoundWear Companion Speaker音質は?

 

購入にあたっていろんなメーカーのウェアラブルネックスピーカーを試しましたが音質はもちろんトップクラスです。

低音の響きもよく、しっかりと音楽を楽しめる感じです。売り場にあったソニーのSRS-WS1を試してみましたがこちらも音は良かったです。

ただ若干Boseのほうがより低音が感じられた気がします。音質とは関係ないのですが、Bose SoundWearのほうがSRS-WS1よりも柔らかい感じでつけ心地がよく感じられました。

価格は問題ない?

 

Bose SoundWearですが、2万円台後半から3万円ほどすると思います。一般的にはネットのほうが安いので買うならネットかなって思います。

価格で言うと候補に上がるのがこちらシャープAQUOS AN-SS1です。1万円台前半で販売されていてとっても魅力的です。

細身でとっても軽いものいい感じですね。音は本体が小さいせいか、かなり軽い印象ですが、テレビ鑑賞などの用途であれば文句ないと思います。

ライブのブルーレイなど迫力ある音を楽しみたいとかだとつらいかも。

ウェアラブルネックスピーカーの良い点

 

ウェアラブルネックスピーカーいいところ

1.小さな音で十分な迫力

耳元にスピーカーがあるので周りに迷惑をかけることなく音楽が楽しめる。夜に一人で映画を見るとか最高ですね。

2.ストレスがない

ワイヤレスで正直つけてることを忘れるくらいの装着感でまったくストレスがありません。壁などの障害物にもよりますが、つけたまま歩き回って音楽が聞けます。

3.周りの音が聞こえる

これが一番のメリットですかね。家族から呼ばれても、電話がなっても、宅配便が来ても(笑)すぐに気が付きます。

ウェアラブルネックスピーカーの悪い点

 

次に悪い点ですが、

・ヘッドホンに比べると音質が悪い

これはやっぱり比べると音質は耳を覆うヘッドホンにかないません。高音質はヘッドフォンでということになりますね。

・音漏れがする

普通にスピーカーで聴くよりかは断然静かですが、それでも大きくするとそれなり音漏れします。完全に静音でとなるとやっぱりヘッドホンということになりますね。

・充電中は聞けない

これはワイヤレスタイプの多くのものがそうかも知れませんがBose SoundWearは充電中は音楽が聴けない仕様になっています。

防水機能で安心

 

Bose SoundWearはIPX4の防滴設計になっています。IPX4は汗や雨などは大丈夫というレベルです。

シャワーやお風呂は無理ですが、少しの水滴であれば大丈夫です。ということで使って便利なシチュエーションはこちら。

台所で料理をしながら、洗濯をしながら

 

動画見ながら、音楽を聞きながら台所仕事をしたい!というときにヘッドフォンは周りの音が聞こえなくなるのでいまいちです。

台所では流し台や火を使う音もあって部屋で音楽を流すにも大きな音じゃないと楽しめなかったりします。

炊事

でもウェアラブルネックスピーカーなら自分にだけ聞こえる音で聞くことができます。台所から洗濯物を干しにベランダに移動してもちゃんと音だけがついてきます。

ベランダで外に出ても、窓を開けてても音漏れの心配をしなくていいのがとってもいいですね。

洗濯物を干す

洗車のときも使えます

 

洗車って時間がかかってなかなか取り掛かれないものです。音楽でも聞きながらと思ったりするんですが、ヘッドフォンで周りの音が聞こえなくなる、長時間耳につけていると耳が痛くなったり。

SoundWearは防水で多少の水しぶきは大丈夫とのことなので洗車に使ってみました。しっかり耳元でなってくれるので音も聞こえるし、何より楽でした。

洗車

音量調整は本体横のボリュームボタンで行うか、スマホ、それからAppleWatchなどでももちろん可能です。

音量調整

洗車も家事もなんとなく楽しくなりますよね。

自分の部屋でこっそりオタクに励む

 

好きなアーティストのライブDVD・ブルーレイ、せっかくフラゲしたのに家族がテレビを見てていつまでたっても見れない。

なんてことありませんか?僕はあるんですけど、ヘッドホンだとまわりの音が聞こえないので家族に呼ばれた時にも反応できず。。。気になってしょうがない。

ブルーレイ再生全画面
部屋で映画をこっそり楽しむのに最適!

ウェアラブルスピーカーなら迫力ある音で楽しみながらまわりの音も聞こえるので安心して楽しめます。

これ、めっちゃいいですよ。

ブルーレイ再生画面
Macでブルーレイを再生!ながら視聴を楽しみたい!こんにちは、あたごです。今回はパソコンしながら映画やライブを楽しみたい!ということでMacでブルーレイを再生してみました。 ロジテック...

英語学習に最適、ウェアラブルネックスピーカー

 

音楽、映画、テレビを楽しむっていうのはもちろんなんですが、使ってみてわかったのはこのウェアラブルネックスピーカーは英語学習に最適ですね。

英語学習には自分の声を聞きながらという学習方法がたくさんあります。

1.シャドーイング

2.音読

4.発音練習

3.オンライン英会話

 

シャドーイング

 

聞こえてくる英語を追いかけて真似して英語を言うシャドーイング。もとの英文がしっかり聞こえて自分の言った英語も聞こえることが必要になりますがウェアラブルネックスピーカーは相性バッチリです。

必要最低限の音で十分に英語が聴けるし、ヘッドホンなどをしていないので自分も大声を上げる必要がありません。はっきり言って楽です。

音読

 

お手本のCDを聞いて音読という英語勉強法も非常に効くんですが、これにもウェアラブルネックスピーカーはもってこいだと思います。

英語の勉強って夜とか朝とかにやること多くないですか?ヘッドホンをしてたら自分がどれくらいの音で英語を発音してるか声の大きさの調整がけっこう大変です。

まわりに迷惑かけることなく存分に英語の練習ができますね。

ウェアラブルネックスピーカー音読

発音練習

 

しっかりお手本の音を聴いて、自分の声を聞かないといけないのはやっぱり発音練習です。ウェアラブルネックスピーカー使うと学習効果も上がりそうです。

オンライン英会話

 

Bose SoundWear Companion Speakerには高性能なマイクもついているのでSkypeなどのインターネット電話で通話が可能です。

Skypeを使った英語のサービスと言えば、そうオンライン英会話ですが、オンライン英会話を深夜や朝やる方も多いと思います。

ヘッドセットを使って音を立てずにやることはできますが、あまり音が良くないのとコードがついていて取り回しが良くないということがあります。

ウェアラブルネックスピーカーなら音もいいし周りの音も聞こえて必要以上に大声を出す必要もありません。

ワイヤレスで使用感もよくレッスンに集中することができました。続けて2コマなどの長時間のレッスンにも問題なく使えて学習効果も上がりそうですね。

音が出ないなどのトラブル時には

 

4ヶ月ほどなんの問題もなく使ってきたBose SoundWearですが、ときどき音楽が泊まったりするようになりました。

再度、再生ボタンを押せば再生されるので特に気にせず使ってたのですが、いつものように電源を入れてiPhoneの再生ボタンを押しても再生されない。

SoundWearが悪いのか、iPhone側なのか、とりあえずiPhoneで別のアプリで動画を見ても音が鳴らない。

iPhoneの電源を切ってSoundWearと接続、複数のアプリで音楽や動画を再生しても鳴らない。

SoundWearの初期化で解決

 

SoundWearのマニュアルを見ると音がならない時の対処方法が載っていました。

1.Bluetoothボタンを押して接続機器が正しく接続されているかを確認。

2.別の曲や音楽再生アプリを試す

3.別の端末と接続して試す

4.2台接続されている場合は1台目の再生を停止。2台目で再生

5.2台接続されている場合は両方の機器を9m以内に移動

これで行くと、4番と5番が怪しそうだったんですが、とりあえず、「スピーカーをリセットする」があったのでSoundWearの初期化をすることにしました。

初期化の方法

 

初期化の方法は簡単です。マルチファンクションボタンと音量ダウンボタンの両方を10秒間長押し。

BoseSoundwear裏

英語で設定している場合は

「Ready to connect. To start setup, download the Bose® Connect app」

と聞こえると初期化完了。再度機器を接続します。

僕の場合はこれで解決しました。

まとめ

 

今回は今大人気のウェアラブルネックスピーカー、Bose SoundWearのレビューをしてみました。

簡単に使えて、使っててもストレスもなくヘッドホンよりも用途が広い感じです。

英語学習にも使ってみましたが自分の声がしっかり聞こえて、周りにも迷惑がかからないところがいいですね。

音楽、映画はもちろんオンライン英会話や音声チャットなど英語学習にも積極的に活用していきたいと思います。

スポンサーリンク